鼻 ぶつぶつ

小鼻の黒ずみの原因

小鼻の黒ずみの原因は、皮膚の酸化であることが多いです。皮膚が酸化すると、皮膚は傷んだ状態となります。

傷んだ状態が続くと、強い肌にするために、メラニン生成がおこなわれます。メラニンは肌を守る物質です。紫外線を浴びるとメラニン色素がつくられ、日焼けするのもそうした理由によるものです。

また、鼻の毛穴に汚れが溜まって固まると、角柱となります。これが毛穴を広げ、凹凸が目立つことになり、影が黒く見えるようになります。

このような状況になるのを防ぐには、まず、鼻をあまり触らないようにすることです。触ることによって摩擦は必ず生じますから、それが積み重なると、肌は傷みやすくなります。するとメラニンが集まってきてしまいます。

小鼻の角柱の正体は?

小鼻の角柱は毛穴にたまった古い角質や酸化した皮脂、ほこり、さまざまな汚れなどが固まったものです。

ぶつぶつとした黒ずみになるのは、それによって毛穴が広がり、凹凸が目立つようになって、影が黒く見えるせいでもあります。

これを防ぐためには、正しい生活習慣とスキンケアが必要となります。規則正しい生活をおくっていないと、肌のターンオーバーが正常におこなわれなくなることがあります。

普通は28日で肌は生まれ変わり、古い角質は垢となって剥がれ落ちますので、それとともに汚れもおちていくのですが、不規則な生活などで肌のターンオーバーが進まなくなると、それがなされにくくなります。

また、正しいスキンケアで保湿を心掛けることも不可欠です。鼻ぶつぶつ隊 | 鼻の黒いぶつぶつを綺麗に治す方法が参考になると思います。

小鼻の黒ずみを悪化させる間違った対処法

黒くて、目立ってしまう小鼻の黒ずみは、間違ったケアをすると悪化して、炎症を起こしてしまったり、毛穴が開いてさらに目立つようになってしまうことがあるため、注意が必要です。

毛穴の大きさや毛穴の形状が変わってしまう恐れがあるのに、角柱が取れるため、つい何度も繰り返してしまう人が多いのが毛穴パックです。

角柱がよく取れる気がすると、乾かし過ぎてしまう人がいますが、毛穴に力がかかって、開いてしまうので気を付けましょう。

また、メイク落としを長時間塗ったままにしていたり、強い力でこすったりすることやピーリングも、肌を傷めてしまう原因になります。

黒ずみを、指で押し出すことも、一時的に黒ずみが取れてきれいになるような気がするのですが、毛穴に負担をかけることになるので、しない方が良いでしょう。

小鼻の黒ずみを取る方法

気になる小鼻の黒ずみを取る方法は、正しい洗顔と保湿する正しいスキンケアが必要です。小鼻の黒ずみを改善するポイントは、カチカチの肌と毛穴を柔らかくすること、代謝を高めて肌のターンオーバーを正常化することです。

毛穴を柔らかくすると余分な皮脂や汚れが落ちて、肌がやわらかくなることで保湿成分をより肌に浸透させることができます。代謝を高めることで体内の老廃物が皮脂とともに排出され、ターンオーバーを正常化することも可能です。

クレンジングや洗顔の前に蒸しタオルをあてると肌をやわらかくして肌の汚れをしっかりと落とすことができ、代謝を高めるには入浴時に湯船につかる、入浴後に軽いストレッチを行なう、ウォーキングなど程度な運動を取り入れることです。また必要以上に鼻を触らないことも大切なことです。

綿棒とオリーブオイルを使って黒ずみを除去する方法

身近なものを使った小鼻の黒ずみケア法で、ちょっとした話題になったモノがあります。肌にも優しく簡単で、金銭的負担もあまりないことで、あっという間に広がりました。

まず、綿棒にオリーブオイルをしっかり含ませ、転がしながら小鼻を優しく行ったり来たりさせます。絶対にこすってはいけません。

ゆっくり進めるとこれだけで徐々に汚れが落ち黒ずみが減りなりますが、しつこい部分には多めのオリーブオイルを使ってみたり、日本の綿棒で汚れを救い上げるようにしてみるのも有効です。

オイルが毛穴の汚れを溶かし出すことでこのような効果が生まれます。この他にも椿油など自然由来のオイルでは、肌にも優しく同様の効果が期待できるようです。

施術あとは、洗顔をしてオイルを良く落としてから冷水で毛穴を引き締めます。そして、保湿をしっかり考えたスキンケアで仕上げます。

ニベアとオロナインは鼻の黒ずみに有効?

鼻の黒ずみケアとして、オロナインパックとニベアでラップする方法が話題を集めています。

本来鼻の黒ずみを取り除く目的で使われないこれらの製品が、なぜ鼻の黒ずみに効果があると言われているのでしょうか。

まず、オロナインには、殺菌と抗菌作用のあるクロルヘキシジングルコン酸塩液と合成界面活性剤である自己乳化型ステアリン酸グリセリルが含まれています。これらの働きによって、毛穴の黒ずみを取り除くことができると言われています。

そして、ニベアには保湿効果のあるスクワランとホホバオイルの他、古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを促進するクエン酸が配合されているので、毛穴の黒ずみを解消すると言われています。

どちらも手軽に行うことができますが、肌に合わない人もいるので、肌の状態を見ながら行うようにしましょう。

いちご鼻ってなに?

女性にとってメイクとは、若返りの為の必須科目となっています。もちろん素肌のままで過ごせたら楽ですが、その素肌を脅かす存在が毛穴になります。

特に皮脂が出やすいいわゆるTゾーンは毛穴撲滅のために、日々戦っていることでしょう。毛穴とは誰もが自然とあるものですが、その小さな毛穴にメイクの油分や、古い角質が酸化して詰まってしまうことで、大きく見えるようになります。

またそのままケアをしないでおくと、油分が固まり角柱となり、ぶつぶつと毛穴から少し飛び出るようになりさらに目立つようになります。

特に鼻は立体的であり、かつ顔のパーツで唯一飛び出ているためそのぶつぶつや、凸凹が目につきやすいのです。この凸凹している毛穴のことをいちごと表現するのも、女性特有であると思います。

いちご鼻の治し方

いちご鼻を治すには、正しいスキンケアを行うという事が必要不可欠です。

まず保湿ケアは十分に行いましょう。

皮膚表面は皮脂でべたついているのにも関わらず、肌内部が乾燥している「インナードライ肌」だと、乾燥が要因となり過剰に皮脂が分泌されるようになります。

皮脂が毛穴に詰まり酸化すると、いちご鼻になりやすいのです。
また、肌の乾燥はターンオーバーという肌の新陳代謝機能を、乱す原因にもなります。新陳代謝が低下すると古い角質が毛穴の中に詰まり、黒ずみになりやすいので注意が必要です。

ターンオーバーを正常化する事で、古い角質が詰まり難くなり黒ずみ対策と同時に、角柱ケアも行えます。

この他に、紫外線を浴びてメラニン色素の生成量が増えると、毛穴が黒ずみやすくなります。紫外線のダメージを受けないよう、メラニン対策する事もいちご鼻改善に効果的です。

いちご鼻がなかなか治らない原因

毛穴パックを使用したり、いろんな方法を試しているにも関わらず、いちご鼻がなかなか治らないという時は、もしかするとお肌のターンオーバーが乱れてしまっているのかもしれません。

お肌は基本的に28日周期で生まれ変わるのですが、それ以上時間がかかるようでしたら、乱れている証拠です。

ターンオーバーが乱れると、鼻の毛穴に詰まってしまった角柱も取り除くことが難しくなってしまうので、まずは正常化させるためにきちんとスキンケアをしてみてください。

毛穴の角柱は酸化した皮脂ですから、きちんと保湿したり、x洗顔の前に蒸したタオルなどを使って柔らかくすることで、洗い落とすことができるようになってきます。

こうしたケアが大事なので、意識してみてください。

男の毛穴の黒ずみの原因と対策

男性ホルモンの影響で男性は女性よりも皮脂分泌が過剰になりやすく、それが原因で毛穴の黒ずみができやすくなります。

余分な皮脂や汚れなどが毛穴に詰まると、皮脂詰まりとなって目立つようになってきます。

気になって指で押しだしたり、毛穴パックを乱用したりすると、皮膚が炎症を起こしダメージを受けた皮膚を守ろうとメラニンが分泌されてしまいます。

メラニンは皮膚のや毛穴自体の黒ずみとなって残りますので、無理やり皮脂詰まりを押し出すのはやめましょう。

適度な洗顔と保湿に加え、生活習慣の改善を目指しましょう。汗をかくことで毛穴の通りがよくなります。毎日の入浴と運動を習慣にすると、毛穴に汚れが詰まるのを防ぎ改善されるのでおすすめです。

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジングの選び方

鼻が黒ずんで見えるのは、毛穴が広がっているためです。

汚れが詰まっていると勘違いしている人もいますが、もともと毛穴は皮脂を分泌するための穴なので、クレンジングや洗顔剤で皮脂を取り除いたとしても、また分泌されてきます。

黒ずみを目立たせなくするには、毛穴の周りの皮膚を柔らかくすることが大切です。

角柱ケアできるクレンジング料を使用して、皮膚を柔らかくするように心がけるとよいでしょう。

クレンジング料にはオイルタイプとクリームタイプがありますが、きめ細かい泡のクリームタイプを使うのが基本です。

オイルタイプは界面活性剤を多く含むため、洗浄力が強いのが特徴です。そのため週1回ほどにとどめておいたほうが皮膚へのダメージを軽減できます。

皮膚に優しいクリームタイプのクレンジング料も、肌に合うものとそうでないものがあります。
肌質にあった商品を見つけるまでいくつかの商品を試す必要があります。

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジング方法

鼻の黒ずみは毛穴に詰まった皮脂や汚れが酸化したものが原因ですので、正しいクレンジングをすることで改善することができるようになります。

まず、洗顔前は必ず手を洗うようにして、ばい菌が入らないようにしていただきたいです。そして、洗顔時間は2分以内にしましょう。
それ以上長く洗い続けているとお肌に負担をかけてしまいますし、黒ずみが悪化してしまう可能性もあります。

また、洗顔する時にお湯で洗い落とす方が多いのですが、人肌程度の温度のお湯で洗うようにしたほうが、必要以上に皮脂を洗い落とさずに済むので、気を付けていただきたいポイントです。

きめ細かい泡を作ることができる天然由来の石けんなどでしっかり泡立てて、撫でるように優しく洗うことも重要です。

クレンジング後の鼻の黒ずみ対策

鼻の黒ずみは、クレンジングと洗顔後のケアが重要です。

毛穴の引き締めとして、洗顔後に行いがちな冷水パッティングはしないように気を付けて下さい。この方法は、一時的に毛穴が締まるだけなので、有効ではありません。

黒ずみケアにとって重要なポイントは、すぐに化粧水で保湿をする事です。肌の乾燥や、摩擦等で肌に刺激を与えると、黒ずみの原因に繋がります。

化粧水は必要以上にパッティングしないように心掛け、肌に押し付けるように優しく浸透させます。コットンにたっぷり化粧水を含ませ、その後は手で押さえて深くまで潤いを届けましょう。2〜3度化粧水を重ね付けする事も効果的です。

しっかりと保湿をした後は、水分が逃げないように、乳液やクリームで蓋をする事も忘れずに行って下さい。

鼻の黒ずみを予防する食生活とは

食生活が荒れているとお肌にとってもトラブルの元です。脂っこい食べ物は付き合い以外はなるべく控えるようにしましょう。

外食は月に数回程度に抑えておき、なるべく、家で和食中心のよく噛む食事を心がけるようにしましょう。

体は日々、さびているので、抗酸化物質が体で作られるような食事をするようにしましょう。よく噛んで、野菜をしっかり摂取し、最低30回は噛むようにします。

アルコールはなるべく控えて、たしなむ程度がいいです。抗酸化作用で、活性酸素の発生を防止したりすることができます。毎日、バランスのよい食事をして野菜やビタミンCが含まれた果物を摂取し、お肌にとって栄養となる食事を積極的にとりましょう。

毛穴詰まりを防ぐ生活習慣

毛穴の詰まりを解消するためには、スキンケアだけでなく生活習慣を変える必要があります。

夜の20時から2時の間に睡眠をとっていると、成長ホルモンが分泌されてお肌の状態を改善します。スマートフォンやパソコンで夜遅くまで起きていると、健康だけでなくお肌の状態にも影響が出てしまいます。

血行をよくするために適度な運動もおすすめです。ストレスは血管を収縮させて、お肌のターンオーバーを阻害します。

ストレスフリーな生活が理想ですが、仕事などでなかなかうまくいかないこともあるでしょう。飲酒やタバコはほどほどにして、控えるようにするといいでしょう。過剰な摂取は、ビタミンを破壊して体の内側からお肌に悪い影響を与えてしまいます。